千葉県理学療法士会におけるハラスメント対策

千葉県理学療法士会では、田中会長から発信された提言にもあるとおり、千葉県理学療法士会ではハラスメントを防止するために、委員会の設置、役員研修の実施などの取り組みをおこなっております。
田中会長のハラスメントに対する提言
ハラスメントはノー 
 県士会では、昨年度ハラスメント対策検討委員会を立ち上げ、今後職能団体としてのハラスメント対策の在り方を諮問し、年度末には答申が出されました。そして役員対象としたハラスメントに関する研修会を実施しました。今年度は委員会の答申に基づき、県士会としての対策を進めていく予定です。
 想像してください。ハラスメントを「する側」が、「少々きつめの指導」「最近の若い人は弱すぎる」「この程度なら仕方が無い」「俺たちの時なんか…」「この程度で??」等と言う論理で、あなたの息子さん・娘さんにハラスメントをしていたら、あなたは許容できますか?それは想像に難くないはずです。
 ハラスメントはノーです。県士会は、中立の立場を守りながらもハラスメントは断固許しません。そのための仕組みづくりを進めます。
 皆さん、是非今一度自分の行動を振り返っていただければと思います。

ハラスメントに関する一般的な相談窓口

1.厚生労働省ホームページ→あかるい職場応援団(職場におけるハラスメント対策マニュアル・パワハラ対策導入マニュアルダウンロードページもあります)
2.相談窓口のご案内
3.千葉県労働相談センター
4.NPO ナア(アカデミックハラスメントをなくすネットワーク)

ハラスメント対策検討委員会からの答申
千葉県理学療法士会ハラスメント対策委員会答申書2018.2.pdf